排水管と水のトラブルの関係

排水管と水のトラブルの関係 毎日の生活場面において、トイレやキッチン、風呂などで水を使用します。使用している水は生活排水や雨水をはじめ、家庭や施設ごとに異なります。これらの使用する水は、排水管を通り下水道に流れて、下水処理場へと流れる仕組みです。建物内で一か所でも水のトラブルが発生した場合、全ての水が流れなくなってしまう可能性があります。
排水管は壁の中や地面の下に隠れており、ほとんど目にする機会はありません。家屋の場合は排水設備を経由して下水道本管に流れる仕組みです。賃貸物件などの高層建築物において使用した水は、縦管から横主管を通り排水ますを経由して下水道に流れる仕組みとなっています。排水管は生活をしていく場面で水を快適に使用するにあたり、とても大切な役割を担っています。

■トイレにおける水のトラブル

水を使用すれば、使い方次第で水のトラブルが発生します。主な原因を挙げていきますと、トイレを使用した際にペーパー以外のものを流すことで、詰まりを引き起こしてしまい、流れなくなってしまいます。給水管のトラブルの場合は、配管内のさびなどの経年劣化に伴って、水が供給できなくなります。
タンクの異常に伴ってのトラブルもあります。洗浄剤が詰まっている状態や、水の流れを調整する備品の不具合で、詰まりや水漏れの原因となります。近年では、温水便座機能がついているタイプのトイレが多くなっていますが、パーツや機械の不具合が原因で、水漏れや詰まりを引き起こします。

■キッチンにおける水のトラブル
キッチンにおける水のトラブルもよくあります。油を流した状態で長期間放置して固まってしまうと、排水管の詰まりの原因となります。食べ物をそのまま流したり、シンクに長時間放置していても、詰まりや異臭の原因となります。衛生面でもよくありません。排水口もパッキンの劣化に伴い、水がぽたぽたと止まらない状態になります。排水口と排水管をつないでいるゴムパッキンの劣化および、固定しているボルトやナットの緩みでも水漏れを起こします。
自然冷媒ヒートポンプ給湯機を設置している家庭の場合は、長年の使用に伴う劣化や熱湯を流してしまった場合における給湯管の水漏れもトラブルの一つです。
キッチンの水のトラブルが生じると、食べ物の腐敗をはじめ二次トラブルが生じやすくなります。最悪の場合は排水管だけでなくキッチン全般を交換する流れとなりかねません。

■風呂における水のトラブル

風呂も排水口をつたって水が流れる仕組みですが、水のトラブルが起こる箇所の一つです。毎日洗髪をすると、髪の毛が抜けてしまいます。これが積み重なって絡み合い、排水口に引っかかれば詰まりの原因となります。
シャンプーや石鹸は主に油が成分となっています。キッチンの油汚れと仕組みは似ており、排水口で固まってしまい詰まりや逆流を引き起こします。手で触った時にぬめっとした感触があったり、黒ずみがあったりすればヘドロ状になった状態ですから、注意をしなければなりません。風呂も排水口には水が溜まっている状態です。名称は排水トラップですが、下水の臭いや害虫の侵入を防ぐ役割を担います。排水フィルターでカバーをして髪の毛を排水口に入ることを防ぐことは最低限必要です。臭いを防いだり衛生面を保ったりするためにも、こまめに掃除をすることで快適に風呂の使用ができることにつながります。

■まとめ
排水管は生活場面で水を流すにあたり、とても大切な役割を果たしています。特にトイレやキッチン、風呂は毎日使う方が多いです。経年劣化に伴う部品の不具合はもちろん、異物を流すことでも水のトラブルの原因となります。
家屋や賃貸物件それぞれに一か所でも問題があると、建物全体に影響を及ぼしかねません。定期的に排水管の清掃をすることを第一に、水のトラブルを防ぐための手立てが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース