賃貸物件にて水のトラブルが生じた場合

賃貸物件で生活している方でも、毎日の生活を送るにあたり水のトラブルが発生しかねません。簡単な詰まりのレベルなら自力で解決することもできますが、二次被害を防ぐためには管理責任者への報告が必要です。ここでは水のトラブルが生じた場合のマメ知識を紹介します。

■水のトラブルにおける修理費用について

水のトラブルが起こる原因として部品や機械の劣化が考えられます。その場合は、管理会社に修理費用を依頼する流れとなります。生活上不適切な使い方をしていてトラブルが発生した場合は、自身で費用を負担しなければなりません。特にお子様がいる家庭では風呂におもちゃを流したり、トイレでは必要以上にペーパーを流したりすることがあります。この点は、日頃から保護者が注意をすることが求められます。
水漏れや排水管の詰まりが原因で他の住民の生活に支障をきたしてしまうこともありますが、その場合は相応の金額で弁済の義務が生じる可能性があるため注意をしてください。

■夜間や早朝に水のトラブルが生じた場合

夜間や早朝に水のトラブルが生じることもあります。夜間や早朝だと管理会社は営業を終了している場合があり、責任者とも連絡がつきにくい状況となります。翌日まで放置をすることも選択肢の一つですが、症状によっては他の住人の生活に支障をきたしかねません。
この場合は、24時間営業をしている業者に依頼をして修理をしてもらう流れとなります。応急処置をしておくと、被害を最小限に抑えられるようになるでしょう。そして翌日に管理会社に修理と症状の報告をする流れとなります。部品の劣化の場合は修理費用を請求することもできます。

■まとめ
賃貸物件における水のトラブルは、自分だけではなく他の住人の生活にも支障をきたす恐れがあります。トラブルが生じたら自分で解決をするよりも、管理責任者に相談もしくは専門業者に依頼をすることで、二次トラブルを回避することにつながります。入居前の契約時に確認をすることも一つの方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ